1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
  05 ,2017

「この夜が変わりなく続きますように」…R.A.ラファティ 朝倉久志訳


「A Vital Sign ただちに犬」ちょい見せアルバム
ちょっとだけよ~
「犬小屋テント」立て込み風景
「A Vital Sign ただちに犬」水俣公演で4/21
「ただちに犬 Bitter」ステージアルバム
kouhei-Picasa WebAlbum
旅するアングラ劇団が北海道に上陸>UHB
劇団どくんごファンページ
フェイスブック
「ただちに犬 Bitter」関連ブログリンク集
かうんたー
最近のトラックバック
--

Category: スポンサー広告

Tags: ---

 

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

18

Category: 料理

Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

ジャンバラヤの試作
ジャンバラヤ


愛林館・ディナーショーの試作。
ジャンバラヤはカーペンターズの曲で知って以来ずっと興味があった料理の一つだ。
レシピを見るとそんなに特別な材料を使っているわけでもない。
ピラフやパエリヤとおおまかな作り方は変わらないようだ。
ただ、南部の"おじや"というイメージを持っていたのだが、食べたことがないのでライスの状態がどの程度の堅さかわからない。
何種類かのレシピを参考にしたのだけど水加減にかなり差がある。

まっ、作ってみるしかない。

米は以前にもらったサリークイーンが少し残っていたので普通のうるちと混ぜて使った。
出来上がったパエリヤはピラフと比べると少しじとっとした感じに炊き上がった。これでいいのかわからないけど食感として悪くはない。
米と具の分量、肉の大きさがちょっとバランスに欠けた嫌いがある。
それになべの底の方が少し焦げていた。

一番の問題点はピラフやパエリヤと比べて、これがジャンバラヤ!というのがはっきりしないこと。日本人が一人も働いていない外国の寿司やで食う寿司はこんなものかも知れない。

決め手はスパイスかも知れない。ケイジャンスパイスというのがあるので、それを取り寄せてみようかなぁ。

Comments

Leave a Comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。