1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
  05 ,2017

「この夜が変わりなく続きますように」…R.A.ラファティ 朝倉久志訳


「A Vital Sign ただちに犬」ちょい見せアルバム
ちょっとだけよ~
「犬小屋テント」立て込み風景
「A Vital Sign ただちに犬」水俣公演で4/21
「ただちに犬 Bitter」ステージアルバム
kouhei-Picasa WebAlbum
旅するアングラ劇団が北海道に上陸>UHB
劇団どくんごファンページ
フェイスブック
「ただちに犬 Bitter」関連ブログリンク集
かうんたー
最近のトラックバック
--

Category: スポンサー広告

Tags: ---

 

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

05

Category: 鶴家

Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

高坂一潮 ビデオクリップをアップ
青森のミュージシャン、高坂一潮さんが倒れたと聞いたのは、2年前の8月。

水俣には2回来てもらったが、その2回目が倒れた年の2月。そういえば1回目も冬だった。
青森の寒さを避けて、渡り鳥のように九州を旅していた一潮さん。会場に選んだ久木野の棚田をすごく気に入ってくれた。少ない客しか集められなかったのに、お礼だといってホタテを沢山送ってきてくれた(私は食べ損ねたが…)。いい人だ。

彼のHP「一潮の詩」の最後の日記(8月9日付け)には「先月16日朝起きたときから胸が痛むのです…」と書かれている。それでも旅に出て、関東で倒れた。

以来病床の上にいる。

先日のおれんじ館の納涼祭で、一潮さんの熱心なファン(友人?)だという、ポヤポヤのTAKAKOさんに会って一潮さんの話をした。

この夏、とうとうビデオカメラが壊れた。鶴家のライブも撮影していたカメラで、テープに記録するいわゆるDVTカメラだ。今は何とか復活したが、それほど長生きしそうにない。
そこで、買い換えたカメラは、もうテープは使わない。だから今まで撮り貯めた動画をDVTカメラが生きている内にどうにかしなければならなくなった。

これらは何かの啓示に違いない。

そこで一潮さんへのエールを込めて、YouTubeにアップすることにした。
撮影にあたっては本人の了解を得ているが、公開の了解はもちろん得ていない。
著作権とか、面倒なこともありそうだけど、ここは気持ちの問題だ。
「これは病床で闘っている一人のミュージシャンを世に知らしめる壮大な行為なのだ。」
そういうことにしておこう。



ということで、これから少しずつアップしていくのでよろしく。

Comments

Leave a Comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。