1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
  06 ,2017

「この夜が変わりなく続きますように」…R.A.ラファティ 朝倉久志訳


「A Vital Sign ただちに犬」ちょい見せアルバム
ちょっとだけよ~
「犬小屋テント」立て込み風景
「A Vital Sign ただちに犬」水俣公演で4/21
「ただちに犬 Bitter」ステージアルバム
kouhei-Picasa WebAlbum
旅するアングラ劇団が北海道に上陸>UHB
劇団どくんごファンページ
フェイスブック
「ただちに犬 Bitter」関連ブログリンク集
かうんたー
最近のトラックバック
--

Category: スポンサー広告

Tags: ---

 

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

09

Category: 料理

Tags: ---

Comment: 1  Trackback: 0

シークワーサー・ドレッシング
シークワーサードレッシング
ドレッシング作りも楽しい。

先月、沖縄に修学旅行に行った娘がお土産でシークワーサー果汁を買ってきた。てっきり濃縮ジュースだと勘違いしていた私は、そのまま5倍に薄めてゴクリ…。そのときの衝撃といったらそりゃーもー…。
まぁそんなことは\(^^\)、

生野菜のサラダを作ったので、久しぶりにドレッシングも作ろうかと思い立ったのは食卓に料理を並べ始めてから(笑)。まぁいつものことだけど、こういう時に限って泥沼にズブズブというパターンが多い。
でも今日は都合よくマヨネーズがあったので、「マヨネーズベースのドレッシングに失敗なし」の安全コースを選択。

1)ジャムの空き瓶にマヨネーズをジュブジュブ~と絞り出して、オリーブオイルをドブドブ…。

*ちなみに、今年の4月、イタリアで修行してきたというプロの料理人と一緒に料理を作る羽目に陥り光栄を賜ったのだが、その料理人が言うには「オリーブオイルとごま油は体にいいので、ドバドバ使っていい」(*ドバドバという表現に関しては曖昧表現ですので念のため)と。
その時から私は、オリーブオイル使用量のリミッターが解除された暴走車になり、ダイエット街道をもの凄いスピードで逆走しているような気がしてならないのだが、錯覚だろうか。。。。。


2)さらにその瓶に件の「シークワーサー果汁」をシャバシャバを注ぎ込み、蜂蜜をタラ~と垂らして蓋を閉め、シャカシャカとシェイクで出来上がり。

個人的感想としては
マヨネーズ>蜂蜜>シークワーサー果樹>オリーブオイル
の順で自己主張が強いので、マヨネーズと蜂蜜は控えめにしたほうがいい。
せっかくのシークワーサーがマヨネーズに殺されてしまっては友人に申し訳ない。

*↑の分かりにくい比喩に関して、マヨネーズがアメリカじゃなくてフランス生まれだったり、個人的感想として沖縄人の自己主張はそんなに弱いとは思っていないけど、その辺のことは気にしないように。

Comments

こんなこともあるもんだ
例によっての食い物ネタにひかれて読み始め、「友人」氏のリンクをクリックしたら老害三兄弟の画像にぶちあたった。実はこのブログのホントに直前に「気まぐれな日々」(kojitaken氏はネット・mixi上の知り合い)をみてたら、この老害三兄弟の画像が貼ってあって、宮城さんのことが紹介されていたからだ。びっくり。シークワサー100%は高かったろうね、親孝行。

ゆうべ西荻のサンジャックというお店でライブしたら、ここが料理が半端じゃない。ライブハウスだかレストランだか、どっちかつーとビストロだろここはというお味でびっくり。
http://pomkn.cocolog-nifty.com/
http://pomkn.cocolog-nifty.com/sanjakku/
ライブは営業が足りなくてなんと近来にないお客一人という惨状だったけど、初めて聞いたマスタはえらく気に入ってくれて、今朝早く来年一月の予定を入れてくれた。対バンは石川浩司(元たま)というからこれも驚いた。
出張料理人氏もすごいね。食べ始める一時間前って、そりゃ普通の晩ご飯にかかる時間でしょ。そりゃ手早さもスキルだ。

Leave a Comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。