1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
  09 ,2017

「この夜が変わりなく続きますように」…R.A.ラファティ 朝倉久志訳


「A Vital Sign ただちに犬」ちょい見せアルバム
ちょっとだけよ~
「犬小屋テント」立て込み風景
「A Vital Sign ただちに犬」水俣公演で4/21
「ただちに犬 Bitter」ステージアルバム
kouhei-Picasa WebAlbum
旅するアングラ劇団が北海道に上陸>UHB
劇団どくんごファンページ
フェイスブック
「ただちに犬 Bitter」関連ブログリンク集
かうんたー
最近のトラックバック
--

Category: スポンサー広告

Tags: ---

 

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

11

Category: 今朝の卵焼き

Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

ロールケーキ風卵焼き(再試) 魚肉ソーセージ …2連敗(x_x)
魚肉ソーセージb
昨日、息子は無事帰ってきた。でも今日は弁当はいらないと言う…。

そしたら、10時前に起き出してきた中2の娘が「卵焼き作ってー」
をを!さすが我が娘。

昨日の敗因はニンジン層が固化しなかったことに尽きる。ではニンジンに変わる赤色系(別に赤色にこだわる必要はないのだが)の食材はと、冷蔵を開けたら魚肉ソーセージが。

前回は中心にドーンと置いて巻いたのだが、今回は層にして巻かなければならない。瞬間ひらめいたのが桂剥き。 一瞬ソーセージに包丁を当てる姿が浮かんだが、即殺。なことは出来るわけない。で行き着いたのが上の写真。

ソーセージの隙間を開けたのは、間に入り込んだ卵が巻いたときの上下の卵層との接着剤になるだろうと。さらに念を入れてソーセージの上から溶き卵を掛けることでダブル接着。これで隙間対策は万全。


で巻き上げたのが
ソーセージa
ちょっと心配だったのは巻く行程。やってみるとこれがキャタピラを巻いてるようなぎこちなさ。それに上手く間に卵が入っていかなかったにで隙間が出来てしまった。
なにより間隔が開くとやっぱり"層"に見えないのが致命傷。
うーん、卵一つ分ではやっぱり無理があるのかなぁ。

被験者の娘は寝ぼけていたこともあり、無反応。
まぁ味は変わらないんだけどね。
次回は鯛デンブでいくか? これはうまくいきそうだけど・・・味が心配。

Comments

Leave a Comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。